ハードルを勝手にあげないことの重要性。起業しようと思って4日で会社建てた話

こんにちは、ショーンです。

僕は今、会社員じゃなく、法人を作って会社として活動をしています。

やっているのはwebサービスの運営だったり、アフィリエイトだったり、コンサルだったりと様々です。

で、会った人に、「社長です」っていうと「すごいですね!」って言われることがとても多いんですが、実際そんなこともなく、8万円くらいあれば誰でも社長になれるんですよね。

人ってやったことないことは異常にハードルが高いと思いがちなのですが、実際そんなことはないですし、むしろその気になれば1日でできちゃいます。

僕自身は、「起業してみようかなぁ」と思って、当日に動いて、4日後には会社が建ちました。

今日はそんな起業したときのお話をしたいと思います。

そもそもなぜ起業したのか

なぜ起業したかというと、理由は三つあります。

・転職という退路を断つため
・フリーランスよりも信用度が高い
・とりあえずかっこいい

転職という退路を断つため

僕は前職で仕事がイヤすぎて鬱病になったという過去があるため、基本的に人の下で働くのがとてもイヤだなぁと思っています。

そのため、また鬱にならないようにひとりで働くのがいいなぁと思いました。

フリーランス(個人事業主)だと、収入がある無職なので、金銭的に不安になったらまた転職して安定した収入を得ることができるようになります。

それだと、困った時にはまた仕事に就く可能性があるので、退路を断つために起業という道を選びました。

ちなみに、会社を建てて税金がオトクになるのは1千万円かららしいです。

法人化のメリットは今のところ享受していません。

フリーランスよりも信頼度が高い

今年引っ越しをしたのですが、実は去年も家を探していました。

家探ししているときに感じたのは、フリーランスの信用度はめちゃくちゃ低いということです。

フリーランスって聞こえはいいですが、どこにも所属していない無職と一緒なので、収入証明を見せたとしても今年同じ収入があるかはわからないので、家賃の未払いリスクがあるんですよね。

でも、起業している場合はある程度の信頼が担保されるので、比較的審査は甘くなります。

不動産屋さん的にも、「まぁ会社建ててるならそこそこやる気あるんやろ」みたいな感じです。

とはいえ、社長も毎月安定した給料ってわけではないので審査は会社員に比べると少しきつめです。

特に、1年目は収入証明すら出せないので結構厳しいみたいです。

信用だけでいうと、

会社員>>>>>>>社長>>フリーランス

って感じですね。

信用においては、会社員最強説です。

とりあえずかっこいい

あとは、人に職業を言う時に、社長って言えると単純にかっこいいですよね。

「仕事何してるの?」

「会社経営してる」

これが言えるだけでも結構大きいのではないかと思います笑

セルフイメージも割とあがりますね。

どうやって会社を建てたか

というわけで、「会社建てたろ!!」と思ったのが3月30日。

ネットで登記のことを色々やってくれる代行センターを探して見つけた格安会社センターというところに連絡をしました。

当センターへ支払う設立代行手数料 7,600円(税別)

登録免許税 60,000円(法務局でお客様が収入印紙を購入して貼付)

法人用印鑑 12,000円

印鑑代を含めても、総額8万2千円ご用意いただければ大丈夫です。
(格安会社センターより引用)

ということだったので、8万2,000円を銀行に振り込んで、書類を作成してもらいました。

4月1日に書類が手元に届いたので、届いた書類を持って4月2日に税務署に行って書類を提出。

後日会社設立の手続き完了連絡があったので手続きに行って会社設立完了。

たったの4日。二回手続きに行っただけで社長になりました。

こう書くと、すごく簡単だと思いませんか?

実際、お金はかかりましたが手続き自体は詰まることもなく、スムーズに完了しました。

会社を建てるときの注意

ぶっちゃけ難しいことはほとんどなかったのですが、注意点があるのでそこについて解説をしておきます。

・引っ越しをすると登記に6万円かかる

・法人税が年7万最低かかる

引っ越しをするたび、登記に6万円かかる

会社を建てると、登記をする必要があります。

簡単に言うと、国に「会社を建てましたよー」って宣言するわけなのですが、変更するたびにいちいち金がかかります。

僕も今回引っ越して6万かかることになりました。

今住んでる家は定期借家で2年後には絶対出て行くルールなので、2年後にはまた6万かかります。

そこは結構デメリットかなぁと思います。

このお金については、事務所を構えたり、実家を登録することで回避することができます。

法人税が年7万最低かかる

税金の話をしておくと、利益の26%が税金になります。

100万利益だと26万円が税金。

ですが、利益が出なくても7万円は絶対にかかっちゃいます。特に売り上げの目処が立ってないうちは少ししんどいかも。

とはいえ1年で月割すると5,833円なのでそう高くもないかもしれません。

一応知っておくといいと思います。

勝手にハードルをあげないのが大事

というわけで今回は起業の話を書いてみました。

本当に、会社建てるだけなら大して書くことないくらい楽勝でできます。

ですが、多くの人が「なんか難しそう」「俺にはできない」「よくわからない」など、適当にやらない理由をつけて結局やらなかったりします。

だからこそ、行動できる人は貴重だし、継続できる人は勝てるんですよね。

僕自身はブログをメインに収益を出していますが、ブログを始める多くの人が「難しそう」「俺にはできなさそう」という理由でスタートしませんし、ちょっとやってもすぐにやめてしまいます。

どんなことに対しても、興味を持った時に、「難しそう・・」と思わずに「とりあえずやってみて、やってから考えればいいか」と思えるくらいの精神で何事もチャレンジしていくといいと思います。

そうすると、人生の行動に対するハードルがどんどん下がって、なにをやるのも怖くなくなるので、難易度もどんどん下がっていきます。

人は確定していない未来に不安を覚えるのだそうです。

しかし、不安に思っていることの9割は起こらないと言われています。

僕も、会社を建てるときは正直税金とか意味わからんと思ってました。

なにすればいいんだろうとかも思ってたんですが、なんか色々な書類を国が勝手に送ってくれるので、その通りにやってたら意外となんとかなりましたね。

ナンパとかも同じで、昔は「彼氏連れの女の子に声をかけて怖い人が現れて拉致られたらどうしよう」とかめちゃくちゃ考えてました。

ですが、周りを聞いてもそんな危ないことになっている人はいません。

いたとしたらよっぽどやばいところで声かけしてるときだけです。(歌舞伎町のスカウトの前で声をかけるとか。)

ちゃんと大事なところは抑えておけば、大抵のことはなんとかなります。

そうそうヤバいことは起こりません。

僕はこれからもどんどん挑戦していって、ハードルを下げていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です